うちわ印刷で企業様向けのオリジナル販売促進ツールを!広告・集客効果アップの販促うちわ印刷

うちわ印刷キング
トップページ当サイトご利用ガイド印刷データ作成ガイドご注文からお届けまでよくあるご質問お客様の声
うちわの歴史・チラリズムの陰にうちわあり。貴婦人のお顔を隠す重要アイテム

うちわの歴史・チラリズムの陰にうちわあり。貴婦人のお顔を隠す重要アイテム

西洋でうちわがそんなことになっている間、 一方元祖日本でどんな扱いになっていたのでしょうか。

平安中期に作られた、日本最古の百科事典ともいえる 「和名抄(和名類聚抄)」に、 うちわ(団扇)の記載があります。

これ以前はあまりぱっとしない感のあるうちわですが(失礼な) 平安時代、うちわは主に貴婦人が顔を隠す道具として 利用されていました。 先ほどもちょっと書きましたが、呼び名は「さしは」と呼ばれており、 形も今よりも柄がぐーんと長く、 紙ではなくて鳥の羽や絹を貼った高級仕様でした。 これを、外出時やなんかにお付きのものが 横からさっと出してお顔を隠す、というわけです。

ちなみに話はそれますが、 なんでそこまでしてお顔を隠すのかというと 当時の女性は、お屋敷の奥深くにいるもので めったやたらと顔を見せるのは大変はしたないこと といわれていたのですね。 だから近くでお話しする際も御簾越しであります。 チラリズムのルーツだったりするもかもしれません。

閑話休題。

このような平安時代の文化があったからこそ うちわが利用され、発展していったといっても過言ではないでしょう。 しかし、皮肉なことに同時にこの時代の風潮によって うちわは扇子にその座を奪われていくことになるのです。

そう、後発で開発されたうちわの弟みたいな扇子。 これは当初は男性が持つメモ代わりのものでした。 世の男性は木簡という、 書を記すためのうすい木の板を持ち歩いていたのですが、 これが持ち歩きに不便なことは誰が想像してもわかります。 なんかいい方法はないかとどこぞの殿方が糸で綴じてみたら あらこれは便利! …というわけで、これがのちに「檜扇」とよばれる扇子の原型。

これを男性陣はメモ代わりに持ち歩いていたのですが いつからかこれに装飾が施されるようになり 女性の間でも利用されるようになったというわけ。

この陰でうちわは段々と貴族社会の中で その場を失われていったわけですが、 その反面、それまで高貴な身分の者しか利用できなかったうちわは、 庶民に広く普及して行き、 扇子とはまた一つ違う発展を遂げていくのですね。

この後、室町時代後期にはより送風力のある 竹と和紙でできたものが作られ始め、 更には柿渋を塗って、強度を高めたものなんかも 開発され、台所仕事に、また涼を取るためにと 庶民の間で大活躍のうちわとなるのです。