うちわ印刷で企業様向けのオリジナル販売促進ツールを!広告・集客効果アップの販促うちわ印刷

うちわ印刷キング
トップページ当サイトご利用ガイド印刷データ作成ガイドご注文からお届けまでよくあるご質問お客様の声
うちわの本質について考えよう・あおぐ事は涼しいのか。

うちわの本質について考えよう・あおぐ事は涼しいのか。

いろいろとうちわにまつわるあれこれを 徒然に書いてみましたが、 最後にうちわの根本ともいえるべき事柄について 考えてみたいと思います。

といってもそんなたいそうな事ではないですが。 先日、誰もが思っていたであろう事について 科学的に解説してみせたアメリカの教授がおりました。 そうそれは、 「うちわであおぐ事は果たして本当に涼くなっているのか?」 ということ。 原点過ぎもいいとこです。

あおぐことは筋肉運動ですので身体から熱が発生します。 ということは、涼しくなるためにうちわを使うのに、 そのために熱を発生させているのは本末転倒なのではないか、 …という事だそうです。 まあ…確かにね。

先に言います。 結論から行くと、うちわであおぐ事は「効果がある」のです。

人間がじっとしているときに発生する熱エネルギー。 これは普段は消費カロリーという 特に女性にはおなじみの呼ばれ方をしていますが これ、電力のワット数に換算するといかほどか、ご存知でしょうか。 男の大人の人がじっと椅子に座っている状態で、 100ワット。 よく言われる、「トイレの電球」は40〜60ワットですから 電球だとしたらずいぶん明るく照らせます。

とはいえ、ここにうちわをあおぐ事で発生する熱量を プラスしたとしても微々たるものです。 世のダイエッターならご存知かと思いますが、 人間って意外なほどに熱量消費しません(悲)。

さて、そこが分かったところで次はうちわの風で 涼を取れるのかどうか、というところ。

人間の体の表面は、数ミリ程度空気が動かない層があります。 難しくいうと、「境界層」というものです。 実際、人間の周りの空気が動くのはこれの外側での事。 しかし、この「境界層」、空気は動きはしませんが 「層が薄くなる」「厚くなる」ことはあるのです。

そして、どうしたら薄くなったりするかというと、 この境界層の「外側の空気」が速い速度で動くほどに 境界層が薄くなる=熱が下がる=涼しくなる という原理です。

というわけで、 うちわをあおぐ事によって発生する熱量は大したことないが、 あおいで空気を素早く動かすことで熱が下がる、 …という事ですから、 うちわであおぐ事は立派に涼しくなるってことなのですね。

これを踏まえ、今度からお宅のお子様やご主人が 「うちわであおぐと余計暑くなるからクーラーかけて〜」 などと戯言をいっても この原理を説いてがつんと一蹴してあげましょうね。